Relax Time

しっかり把握しておこう!機械式時計の手入れに関する初歩の初歩

機械式時計は毎日使った方がいいの?

高級感のある機械式時計。高級装飾品は可能な限り長く使いたいため、普段は保管しておいて、いざという時のみに装着しようと考える人も多いことでしょう。しかし、機械式時計の手入れに関して言えば、この認識は必ずしも適当ではありません。機械式時計は毎日ゼンマイを巻いて日々使い続けることを前提に設計されています。各部品の円滑な駆動を助ける潤滑油の浸潤も重要で、逆に毎日使用しないと潤滑油が凝固して故障してしまうこともあります。

日付け送りが時間通りに行われないんだけど?

機械式時計の日付け表示は、23時くらいから徐々に切り替わっていくものが一般的であるため、しっかりと日付け送りが完了するまで、10分程度の誤差が生じる場合があります。これに対し、午前12時に日付けが変わってしまう場合は12時間ずれてしまっているので、時間を合わせて調整する必要があります。この際、特にクロノグラフ機能が付いた機械式時計などでは、長短針の逆回しは避けるようにしましょう。5~10分程度なら問題ありませんが、長時間の巻き戻しは故障を誘発させてしまいます。

背面の保護シールは付け続けていた方が良い?

新品の機械式時計を購入した場合、ケースの裏に透明な保護シールが貼ってあるものがあります。一見すると付け続けていた方が機械式時計を長持ちさせてくれそうですが、このシールは早々に剥がすようにしてください。機械式時計のケースはステンレス製のものが大半ですが、ステンレスは大気中の酸素と結合することで錆びにくくなるという性質を持っています。保護シールで酸素に触れない状態になると、逆に錆びついてしまう可能性が高まってしまうのです。

オーデマピゲはスイスの時計・宝飾品メーカーです。世界三大高級時計メーカーの一つとして有名なメーカーです。